【西国三十三所巡り】 第十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)(Iwamadera)、第十三番札所 石光山 石山寺(Ishiyamadera) 参拝計画


第十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)

2016年5月19日の記事(改訂版)

次の西国三十三所巡礼は、第十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺) (Iwamadera)になります。

リンク先のアクセスマップを見てもわかるように、山の中にあります。
毎月17日に石山駅から岩間寺まで直通のシャトルバスが走るようですが、それ以外の日は石山駅から最寄のバス停まで京阪バスに乗り、そこから徒歩で行く必要があるようです。
(ちょっと日程を外してしまいました・・・)

一か所だけではもったいないので、合わせて第十三番札所 石光山 石山寺 (Ishiyamadera)へも参拝します。

往路

園田発7:03 → 梅田(阪急線)着7:12 (阪急神戸本線・梅田行)
大阪発7:19 → 石山着8:06 (JR京都線新快速・近江塩津行)
石山駅/京阪バス発8:12 → 中千町/京阪バス着8:27 (京阪バス・52号(新浜−石山)・新浜行)

(バス停の場所付近)
岩間寺は左下、南西方向にあります。

滋賀県大津市千町1丁目2

 


岩間寺までウォーキング

麓のバス停から岩間寺までは徒歩です。
岩間寺まで、Yahooの経路検索では徒歩3.4km、40分と検索には出てきますが、GoogleMapでは同じ距離で1時間8分かかるみたいです。

舗装道路をずっと登って行くことになると思いますが、平地から標高429mまで登るみたいですので、結構過酷かもしれません。
とにかく、行ってみない事にはわかりませんね・・・。

恐らく9時過ぎくらいには到着するものと思われます。


第十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺) (Iwamadera)

ホームページに記載がありましたが、とりあえず9時到着を目指していくのは、納経・朱印の受付時間が決まっているためです。

納経・朱印 受付時間 午前9時から午後4時30分

本堂に内拝できるみたいですので、楽しみです。

滋賀県大津市石山内畑町82

 


石山寺までウォーキング

次の石山寺へ向かうのも、当然徒歩です。
岩間寺の北の方に奥宮神社というのがあったので、こちらを通る道を選んでみます。

Yahoo経路検索では、6.4km、1時間16分
GoogleMapでは、5.6km、1時間17分

距離がちょっと違いますが、時間はほぼ同じですね(笑)
時間は読めませんが、バスが通る道まで下れば、石山寺までバス乗車も可能です。


第十三番札所 石光山 石山寺(Ishiyamadera)

紫式部ゆかりの寺です。
源氏物語も好きなので、いつかふれたいですね。

こちらの境内も広いので、見て回るのは時間が掛かると思います。

1200円のセットで入るとお得ですね!
◆セット券(入山料 + 本尊 如意輪観世音菩薩 特別拝観料 +「石山寺と紫式部」展 入場料)

(注)本尊 如意輪観世音菩薩 特別拝観
33年に一度の本尊 如意輪観世音菩薩 御開扉 特別拝観が、2016年3月18日~12月4日まで行われていました。

(注)「石山寺と紫式部」展
季節開催なので、毎年日程が変わると思います。
最新情報をご確認下さい。

昼食は山門前にいくつかお店があるので、こちらで美味しい物を頂こうと思います。

滋賀県大津市石山寺1−1−1

 


京阪電車大津線 ラッピング電車

現在、「響け!ユーフォニアム」と、「ちはやふる」のラッピング電車が運行されています。
浜大津の定期券売り場で、記念の1dayチケットが販売されています。

京阪電車×響け!ユーフォニアム2016

京阪電車×ちはやふる

(注)ラッピング電車の運行は、2017年3月31日までです。

大津に宿を取って、ついでに一緒に回ってしまおうかと、ものすごく悩んでいるのですが・・・。

チケットを使い分ければ、次の第十四番札所 長等山 三井寺(miidera) (園城寺)
ちはやふるの舞台になっている近江神宮、御陵駅が最寄になる番外札所 華頂山 元慶寺まで、一気に回れますね。

 


ここまでお読み頂きまして、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。お好きなバナーを押して頂けますと幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ聖地巡礼・アニメツーリズムへ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 旅行ブログへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください